心の治療遍歴 90%の心理治療は効果の割に高すぎ

最初はカウンセリング

私にとって内観は、ACからの回復過程において、心を癒す点でカウンセリングや催眠よりはるかに時間、金額とも投資対効果の高い治療でした。

カウンセリングには摂食障害を発症した高校時代と、大人になりAC専門の所へ再び通いましたが、それで何かが劇的によくなることは一度もありませんでした。

大人になってもカウンセラーに心を開けない自分と、時間がかかりすぎる感触だけを感じ、やはり私には向いていないとやめました。

愛情に飢えた経験の多いACや人格(愛着)障害者にとって、対面で受け入れてもらうカウンセリングはマッチした方法だと思いますが、治療の性格上以下のデメリットがあります。

  • 1対1でカウンセラーを拘束するため人件費が高額にならざるをえない
  • 話を聞いてもらうだけの緩やかな治療法であり、時間がかかる

カウンセリングに何か月も通う事は珍しくないのではないでしょうか。

内観は泊りがけとはいえ、1週間でとりあえず済んでしまう長所があり、それでいて効果はしっかりしたものが見込めます。

かかりにくかった催眠

催眠も相性が合えば効果的と思いますが、

  • その見極めが大変
  • カウンセリングと同じ理由で高額
  • 原因の特定やヒアリングに時間がかかる
  • 怪しげなもの※が多く本物を見つけるのは至難

などがデメリットでした。

※私は人間がスピリチュアルな(魂を持つ)存在という事に疑いを持ってはいませんが、前世療法とかそこまでいくとちょっとついていけない…という人間だったので。

こういうものはそれを心から信じられる人にこそ、価値があると思うのです。

潜在意識を変える大切さはよく理解していたので、ここならと思う催眠治療所へ通ったこともあります。電車で片道4時間もかけていました。(笑)

いざ受けてみると、暗示にかからない自分を自覚せざるを得なかったのと、ちょうど冬で寒がりな私には体が冷えると一層かかりにくいのもショックでした。

負担が多く、3か月程度しか続きませんでしたが、そこで教えてもらった自律訓練法はとてもよかったので、今でもリラックスしたい時などに行っています。

他には断酒会や自助グループ等も、仲間との嘘のない人間関係があっていいなと感じていました。(結局私にはどちらもほぼ縁がありませんでしたが)

内観の成果は自分次第

そのような経験をしていたので、ACや人格(愛着)障害の自覚があり、カウンセリングや催眠治療などを受けている方で時間や費用がかかりすぎると思う方は、1週間の時間を取って集中内観をしてみてはと思っています。場所は下記など参考にしてください。

内観できる場所はここ

基本的に内観は自分自身が行い、面接者にそのサポートをしていただくものだと思います。私の周りには飛行機に乗って遠くの研修所まで日本を半分くらい移動する人もいますが、私は家の近くで行ける所で充分だと思っています。

内観するのはあくまで自分自身ですから。

私は初回から白金台内観研修所にお世話になりました。施設が充実し所長さんもベテランで、大変ありがたい環境だったと思います。

私がここで偉そうに書いている内観や心の説明は、ほとんどがこの所長さんに教えていただいたものです。

1日内観は大宮の研修所でもお世話になり、こちらも同じくベテランの藤川先生で、同じく通える距離にあり、ありがたいことです。

人間不信の強い私に合っていた内観

カウンセリングは高校時代から、お金を貰って話を聞いてくれるだけ(当然ですが)というしらけた思いがつきまとい、心が開けませんでした。

私の場合は人間不信が極度に強かったのかもしれません。内観し解った事ですが、母親すら信用していませんでした。

内観には過去誰かに対して自分が何をしてもらったか、どういう態度をとってきたか、思い出さざるをえない具体性があります。

誰でも身近な他者(両親や養育者)との関係で人格が作られたり、傷ついたりしているわけで、そこを直視する事はいきなり問題の本質にせまる作業であり、根本的な治療につながっていると感じます。

正しく真剣にとりくむ

過去に内観したが一向に良くならなかったという人に時々会いますが、真剣に取り組んでいなかったか、時間が足りなかった可能性が高いのでは、と思うことはしばしばあります。

私自身1回目には真価がつかめなかったので、それもよくあることではと思います。一般に、最初の2~3日は記憶が中々出てこないです。

4日目位からようやく思い出してきますが、1週間の中ではその期間が賞味3日程度になってしまうので…

幸い私は2回目を経験する機会がありましたが、私の1回目のように、せっかくの内観との出会いがパッとしない内容で終わってしまい、効果ないと見切ってしまうようであれば勿体ないと思わずにいられません。

心の治療の値段

—http://www.flickr.com/photos/42931449@N07/5517922985/

ネットで見る限り全国の研修所はどこも3食つきで1泊1万円程度。営利目的の金額ではないと思います。

私の通っていたAC専門のカウンセリングは50分8000円でした。10回通っても私には1週間の内観の半分も効果はなかったでしょう。しかしカウンセリングが悪いわけではなく、すでに当時、私のニーズがカウンセリングに求めるものではなかったかもしれません。

話を聞いてもらうより、自分の心の奥底の傷、こわばりのようなものを治したかったのです。その頃は自分の問題がたぶん相当心の深層にあると気づいていました。

この部分が変わることは、普通の意識状態ではまず無理とも解っていたので、催眠等を探しましたが、結局は内観以上にそこへ届く方法は見つけられませんでした。

本物は良心的

今後は、ヴィパッサナー瞑想も焦らず続けていこうと思っています。

小池龍之介さんの本や知人の話を聞く限り、この瞑想はうまく自分の問題が観えれば大変な効果があると思います。ただそれなりに習練が必要で、内観はその点はるかに敷居が低く、効果は高いと感じます。

ヴィパッサナー瞑想インストラクターの地橋秀雄先生は、長年の瞑想指導で、取り入れると効果が高いと解ったため、内観をこの瞑想の一部に位置付けています。

最後にこれは昔からの確信ですが、心の事は宗教も含め本物ほど良心的だと思います。

あまりに高額な治療費(お布施)を要求する治療法(信仰)はその時点で何か怪しい。近づかない方が賢明です。

ヴィパッサナー瞑想 参考になった本

この瞑想の威力がリアルにわかる本

坊主失格

作者:小池 龍之介
出版社:扶桑社
発売日: 2010/12/22
メディア:単行本

ノウハウの説明が解りやすいロングセラー

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

作者:地橋 秀雄
出版社:春秋社
発売日: 2006/05
メディア:単行本