よくある質問

  • Q1. 内観って何ですか?
  • Q2. 内観は宗教ですか?
  • Q3. 昔のことを思い出せるか不安です。
  • Q4. 自分を変えられそうで怖いです。
  • Q5. 1週間どうしても必要ですか?
  • Q6. 思い出したくないことがあります。

Q1.内観って何ですか?

A1.内観は、自己観察の方法です。

具体的には↓

<セッション開始>

面接者:よろしくお願いいたします。(礼)

内観者:よろしくお願いいたします。(礼)

面接者:これからいつのご自分について調べて頂けますか?

内観者:小学校1年生から3年生までの、母に対する自分を調べてみたいと思います。

面接者:よろしくお願いいたします。

内観者:よろしくお願いいたします。

 

(1時間半~2時間経過)

 

面接者:ただいまの時間はどういう事を調べていただきましたか。

内観者:ただいまの時間は、小学校1年生から3年生までの母に対する自分を調べました。

していただいたこと

 

は、小学校の初めての授業について来てくれました。

ハーモニカや縦笛を入れる袋を手作りしてくれました。

してお返ししたこと

 

は、自分の洗濯物を畳みました。

(↑といいたいが、言われた時だけ、しぶしぶ畳んだことなどが思い出され、これは自発的に母を喜ばせようとしてやったことではないね?とか思っているうちに「何もありませんでした…」となることが多い。)

ご迷惑をおかけしたこと

 

は、母が喜ぶのを知っていながら、家の手伝いをせずにTVを見ながら待っていた事です。

面接者:次はいつの事を調べて頂けますか。

内観者:次は小学校4年生から6年生まで、母に対する自分を調べたいと思います。

面接者:お願いいたします。(礼)

内観者:ありがとうございます。(礼)

<セッション終了>

一日中このセッション×1週間

こんな感じで、朝起きてから夜寝るまで部屋の隅に屏風を立て、

その中でこのセッションを繰り返し続けます。

(要は、ご飯とトイレ・お風呂・睡眠以外の時間ずっと内観です)

面接者は聴くだけ

面接者は、基本的に内観者が思い出したことを聞いてくれるだけです。聞かれれば質問に答えてくれますが、何かを指示されることはありません。

思い出したことでも、面接者に言いたくないことは言わなくてかまいません。

大事なのは、自分自身で自分がどういう人間だったか思い出し、わかっていることです。

よくまとまっています。↓

出典:臨床心理学 (図解雑学) 松原 達哉 (著) ナツメ社

 

Q2.内観は宗教ですか?

A2.内観は宗教ではありません。

記憶を思い出すサポート

浄土真宗の「身調べ」という修業をルーツに持ち、仏教との縁は少なからぬものがありますが、内観それ自体はQ1でお分かりのように、ひたすら自分の記憶を思い出すサポートをしてもらうだけの行為です。

何を信じろとか、そういう要素は一切ありません。

吉本式内観

奈良県大和郡山市の篤信家(信仰心の篤い人のこと)吉本伊信先生(実業家、僧侶/写真)が、浄土真宗の「身調べ」から、苦行(断食、眠らない、難しい質問)や宗教色の強い部分を取り除き、誰にでもやさしく行える上記の方法に洗練させ、広めてくださったものです。

こちらもどうぞ

 

Q3.昔の事を思い出せるか不安です。

A3.真剣にやれば結構思い出せます。

—http://www.flickr.com/photos/26691915@N00/145018439

思い出さざるをえない状況

現実に人が聞きに来る、と思うと、真剣に思い出さざるを得ないものです。

自宅では集中しにくい

もちろん内観は自分一人でもできる行為ですが、自宅で一人で行っていても

「小学校1年生から3年生…、何があったっけ?」

→(10分経過)

→「もういいや!」(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

となりがちなことは容易に想像がつくと思います。

ひとりで立派な内観をした例

(もちろんそれができる人もいて、手記にある校長先生の内観や、有名なところではやくざの組長だった橋口勇信氏の、独房での自発的な内観などがあります。)

悪状況⇒真剣になるため、いい結果になりやすい

私もそうでしたが、状況が悪い時は真剣になるため、劇的な結果もあり得ます。家族の問題、職場の問題など、状況がせっぱつまっている時、人生最大のピンチが、同時に人生を変える最大のチャンスでした。

せっぱつまっている人から行く

多くの方にすすめてきましたが、働いている人は一週間取ること自体ハードルが高いので、やはり何かしら家族や自分のことでせっぱつまっている人や、何らかのカンが働いて「自分によさそうだ」と思った方が行かれていました。

 

Q4.自分を変えられそうで怖いです。

A4.無理に変えられることはありません。

http://www.flickr.com/photos/indieman/126162532/

変わりたい人が行くもの

はじめてのことは、よく知らなければ怖いですよね。結論から言うと内観で変わってしまう事はおおいにあると思います。

本人のやる気でしか成立しない

というか、変わりたくない人が内観へ行く必要はありません。基本的に自分を変えたい人が自発的に行くものだと思います。なぜなら独りで過去を思い起こすという治療構造上

 

本人のやる気しかエンジンがない

ので、「やりたくない人にそもそも内観は不可能」だからです。(成立しない)

無理やり変えられる要素はない

そのため、変わり方に無理やり変えさせられる要素は一切ありません。思い出したくないことがあれば、そこで止まってしまうと思います。

洗脳ではない

また、いわゆる洗脳とも違います。

かつて地下鉄サリン事件で世間を震撼させた新興宗教が「お布施するぞ、お布施するぞ」で話題になりましたが、ああいう風に何かを繰り返し無理やり「入れる」要素はありません。

全くその逆で、

「過去に何があったかな、何があったかな」

という「埋もれていた記憶を掘り起こす」行為です。

すべて内観者のペース

主役は内観者の記憶であり、よそから無理やり押し付けられるものは何もありません。だから、変わる時は納得感が深いです。

 

Q5.どうしても1週間必要ですか?

A5.正直1週間では足りないくらいです。

始まるとあっという間

やってみるとあっという間で、1週間じゃ足りない!と思う人が多いです。私もそうでした。

私の場合ふまじめだったので、1回で効果が体感できず計2週間かかりました。

忘れていることが多い

あなたの年齢や、思い出したくない記憶の有無でも変わってくると思いますが、普段、小学校1年生の時に母や父にしてもらったことを思い出しながら生きている人は少ないと思います。もし何の準備もなくそれを聞かれたとして

えーっ?!1年生、何があったっけ…。えーと…小学校に入った…。

そんな感じの人がほとんどではないでしょうか。

しばらくは集中できない

やってみるとよく解りますが、最初の2、3日はなかなか集中できません。

…思い出せないな。…お腹がすいたな…。飽きたな…。じっとしてるから足が痛いな…。あの件はどうしよう、といつの間にか置いてきた仕事を思い出したり。そんな感じです。

やっと過去の記憶が出てくるのが3,4日経ってから、はよく聞く感想です。

http://www.flickr.com/photos/62337512@N00/2601326110

繰り返すほど出てくる記憶

不思議なもので、最初の1日目に思い出そうとした箇所を4日目にもう一度思い出すと、前回は思い出せなかった事実が出て来たりします。記憶をたどることは穴掘りに似て、一度掘ったところから先には進める感じです。

1週間は、ハードルではなく配慮

そのため初めて内観する人は1週間くらい見ておかないと、

「忘れていた事実を思い出し、心境の大変化」

とはなりにくい。

3日程度で切り上げ、何の変化もなく「単に3日ヒマだった」で終わっては勿体ない。まず一週間の時間を取らせることには、そんな配慮を感じます。

 

Q6.思い出したくないことがあります。

A6.そういう人のための治療法です。

http://www.flickr.com/photos/18419987@N00/3146533074

無理に行う必要はない

皮肉ですが、そういう人こそ内観で一番効果がある人です。もちろん無理に行う必要はありません。自分がやってみたいと自然に思えるようになってからでいいのではないでしょうか。

思い出したくない事があり、生きるのが辛い。私もそうだったので良く解ります。実際、嫌なことは覚えていたくないので、忘れてしまうことも多いです。

嫌な記憶は、抑圧してもなくならない

ただそのままでは「嫌な記憶」はずっと無くなってくれません。表面意識で忘れていても…。

心は部屋とよく似ていて、無理やり押し入れに入れ「無かったこと」にしたものでも、場所はふさぎ風通しも悪くなり、相応にスペースをとります。

そして悲しみも怒りも、抑圧し温存する間は、それらが引き起こす問題も消えません。例えば原因不明の身体の痛みになって現れたり、無意識に死にたい行動を起こしたり、怒りっぽくなったり…。

そう考えると、押し入れの掃除は、いつかは避けられないことではないでしょうか。

ためた感情の解放

内観して両親の愛情、また溜めていた憎しみや悲しみに気づき、涙を流すと凍っていた心が回復します。一言で言うとすごくラクになりました。

やればやっただけ確実にスッキリして軽くなるのも、押し入れの掃除と同じです。9割以上ともいわれる潜在意識の割合。そこに溜まった感情が無くなるのは相当な解放感です。

苦しかった人ほど、得るものは大きい

結論としては、思い出したくない事がある人ほど向いており、喜びも大きい治療法です。

解りにくいことなど、お気軽にお問い合わせからお知らせください。お待ちしています。